眠れない夜をかぞえて

主人の不倫、、、。今はまだ出口の見えない夜をさまよっているけどいつか絶対主人と一緒に出てみせる、、。そんな毎日の「心」を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.19 [Sun]

回想2 忘れぬ想い

私から相手にもう一度メールを送った。
前に彼に送ったメールを。

これは私から主人に送った想いです。
貴女にも解ってほしい。

「貴方の事信じてるよそして前の貴方に戻ってくれるのを。
あの人と会っているのなら冷静になって考えて下さい。。

私達が積み重ねてきた大切な物。私と出会って 築き上げてきたもの。
そして子供のパパになれた事。
大事な二人初めての子供§天使ちゃんがお腹のなかでたった四ヶ月で死んでしまったよね。
取り出されて箱に入れられていたのを見て涙を流した日々。
二人で乗り越えたよね。
病院にいる私に電話くれて銀のスプーンと金のフォークの話しをしてくれた夜。
家に帰りたいってこまらせたっけ…坊が生まれて幸せで溢れてた日々。貴方と出会って築き上げた10年 崩れ落ちそう…。

昨夜貴方…○○○にいたでしょう…あの人の家がある…友達が偶然見たの。そんなはずないって…本屋に行くって言っていたから私8時半に本屋に行ったの
信じたくて信じたくて…9時迄いたけど貴方はいなかった。

私のその時の気持ちわかる?

でも何も知らない貴方は8時から本屋にいたって帰ってきたよね。

悲しくて悲しくて…

その人にもこれからの大事な人生があるの。
もし…責任をとってちょうだい…って言われたら責任…とれるの?
私達を捨てるの?大事なその人の人生を考えてあげて。
あの人を支えなくちゃいけないのはあなたじゃない。他にいるはず。
この前の残業も嘘でしょう。あなたの顔を見ればわかるの。
信じたい。信じたい。
もう嘘はいやなの。
私からの最後のお願いです…あの人と別れて下さい。もし無理なら 直接あの人に会って土下座して返してほしいってお願いするつもり。それでもあの人が首を横にふるのなら私あの人を刺すかもしれません。
この家族をこの幸せを守る為なら犯罪者にもなります。脅しじゃありません。本気です」

続き。。。↓

私は頭が真っ白になって、、ただ解って欲しい、、とメールを送った。
またすぐに返事がきた。

「犯罪者だけにはならないで下さい。
貴女は家族の幸せを守るためならと言うけれど、全然違うから。
理由が何であれ、貴女が犯罪者なったと同時に、あなた以外の家族は不幸になるだけだから。多分、子供は一生犯罪者の子供という烙印を押されどんな時も、それがついてまわると思う
ご主人は仕事辞めなければならないだろうし、住所も移して、世間から身をひそめて暮らすことになると思う。
いっときの感情に流されずに、どうか思い留まって下さい。
私が言うのも変な話だけど、ごめんなさい。」、、、、と相手から。



「私から。」

私は好きで犯罪者になる訳じゃありませんその原因が貴女達の今の関係、メールにある事を解って下さい。
貴女からのどのメールにもじゃあこれからはどうするのかが書いてありません。
今の私のこの辛い気持ちを知ってからも今までのようにメールや電話などを続けるのか、
ばれなければいいともっと隠れてするようになるのか、
もう一度だけ信じさせて一切やめてくれるのか、答がほしいんです。

「相手から。」
大変失礼しました。
お怒りはごもっともですね。ついでにもう一つだけ聞いて下さい。確かなことなんですが二人で飲みに行ったらこういう展開は、まず無かったです。飲んで仕事のグチ言って、アニメの話をして終わりだったなと。メール上ではきわどいやりとりをしていますが、いざ外に出れば、自分
達の立場はわかっているので。その後も適当にメールのやりとりはあったとは思いますが…。それで終わってただろうと確信できます。


「私から」
だから二人で飲みに行かせればよかったと?
きわどいメールもメール上の事なので黙認すればよかったと?
そもそも二人で飲みに行くそこから間違っているのです。
主人は既婚者なんです。立場をわきまえている貴女達ならばなおさらの事、精神的苦痛を与えたり、
誰から見ても誤解を受けるような行動はしてはいけないと言う事です。




相手からそれっきりこなかった。
答えの無いまま、、。

『いっときの感情に流されずに....』の言葉を残して..

私の気持ちが
いっときの感情....か....



スポンサーサイト

*Comments

ブログ削除のお知らせ

ブログの更新をやめてから、早、1年が経とうとしています。
私自身の気持ちも、夫との関係も落ち着きを見せています。
夫の不貞に悩む方々のお力になれたら、とおこがましい考えで、
ブログを保存してきましたが、それも私の個人的な感情にすぎないように思います。
それで、このブログを完全に削除することを決意いたしました。
すぐに削除しては、リンクしていただいてる方や、お付き合いのあった方に
ご迷惑、ご心配をおかけするかと思い、ここに、お知らせいたします。
4月20日には、削除したいと思っています。
リンクしていただいている方は、リンクの削除をよろしくお願いいたします。
ずっと、一緒に祈り続け、一緒に泣いて、私を支えてくださっていた、
牧師夫妻は、この4月にアメリカに帰国されます。
私にとってもひとつの旅立ちです・・・不倫という試練からの旅立ちです。
いつまでも、同じところに留まっていてはいけない、という声がします。
立ち上がり、翼を広げ、大空に飛び立ちなさい、という声がします。
長い間、・・・いえ、短かったのかな・・・?お世話になりました。
本当に、ありがとうございました。

「私の場合~不倫という試練を越えて~」 IZUMI
  • IZUMI 
  • URL 
  • 2008.03.19 15:33 
  • [Edit]
Post a Comment
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

Menu

プロフィール

Author:あい
今回の事、まだ解決してないけど
この事を一生心の傷として抱えていくんだろう、、、と考えています。それが一人でなのか、、二人でなのか今はまだ解らない。。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。